• Home
  • News
  • The Australian and New Zealand Chamber of Commerce in Japan (ANZCCJ) welcomes Japan-Australia Economic Partnership Agreement (JAEPA)

The Australian and New Zealand Chamber of Commerce in Japan (ANZCCJ) welcomes Japan-Australia Economic Partnership Agreement (JAEPA)

17 Dec 2014 11:21 AM | Anonymous member (Administrator)

(日本語訳は以下に続きます)




For Immediate Release


The Australian and New Zealand Chamber of Commerce in Japan (ANZCCJ)
welcomes Japan-Australia Economic Partnership Agreement (JAEPA)


16 December 2014


The landmark Japan-Australia Economic Par
tnership Agreement (JAEPA) will enter into force on 15 January 2015, paving the way for Australian exporters to benefit from two rounds of tariff cuts in the first half of next year.

 

Minister for Trade and Investment Andrew Robb said Australia and Japan will ‘exchange notes’ in Canberra today, to confirm that both countries have completed their domestic processes, and are ready to bring JAEPA into force.

“JAEPA will deliver substantial benefits for the Australian economy, and the deal means that our exporters will benefit from an immediate round of tariff cuts by Japan on January 15, followed by a further round of cuts on the 1st of April 2015,” Mr Robb said.

 

“Like the back-to-back tariff cuts provided by the Korea-Australia Free Trade Agreement, this will deliver immediate benefits for exporters and significantly enhance their competitive position in the Japanese market,” he said.

 

Mr Robb said more than 97 per cent of Australia’s goods exports to Japan will receive preferential access, or enter duty-free, once the Agreement is fully implemented.

 

“JAEPA will expand opportunities with our second largest trading partner across a wide range of industries, including agriculture and processed foods, resources, manufacturing and services,” Mr Robb said.

 

Australian beef for example – with exports to Japan last year worth $1.4 billion – will be a major beneficiary with the 38.5 per cent tariff to be halved over 15 years, with heavy front-end loading, including an eight per cent cut in the first year. This should help Australian exporters engage competitively in the Japanese market.

 

“This is the most ambitious Free Trade Agreement Japan has concluded with anyone, let alone a major agricultural economy. The Agreement will also support growth in investment from Japan – already our third largest investor – by raising the foreign investment screening threshold for private Japanese investment into Australia,” Mr Robb said.

 

Melanie Brock, Chair of the ANZCCJ, said, “The Japan Australia EPA will enhance an already strong trade relations between Australia and Japan. ANZCCJ will continue to raise awareness of the agreement and its benefits to the business community. The JAEPA will come into effect on 15 January, the day of the Chamber’s New Year event, and we look forward to celebrating this wonderful development in Australia-Japan relations.”

 

JAEPA was signed in Canberra on 8 July 2014 during Prime Minister Abe’s visit to Australia. Further detailed information can be found at: http://www.dfat.gov.au/fta/jaepa/

 

###

 

 

About the ANZCCJ

 

The Australian and New Zealand Chamber of Commerce in Japan (ANZCCJ) was established in 1972 to promote the development of commerce between Australia and Japan, and New Zealand and Japan. It is a non-profit organization with approximately 600 members. ANZCCJ’s mission is to play a constructive and meaningful role in developing Australia/New Zealand-Japan business by providing members with an effective source of information, representation and commercial connections.

 

 

Media Contact Name: Misako Kitaoka

Phone: 03-6234-9351

Email: info@anzccj.jp



報道資料


 

在日オーストラリア・ニュージーランド商工会議所(ANZCCJ

日豪経済連携協定20151月発効を歓迎

 


20141216

在日オーストラリア・ニュージーランド商工会議所

 

日豪経済連携協定(EPA)は2015115日に発効となり、オーストラリアの輸出業者は来年上半期に二度にわたって行われる関税削減によって恩恵を受けることになります。

 

アンドリュー・ロブ貿易・投資大臣は、日豪両国は今日キャンベラにて公文の交換を行い、日豪経済連携協定発効に向けた準備が整ったとして、次のように述べています。

 

「日豪経済連携協定は、オーストラリアの経済に大きな利益をもたらすことになる。オーストラリアの輸出業者は、日本が115日に実施する関税削減から、また続いて行われる201541日の更なる関税削減から恩恵を得ることになる。」

 

「韓国・オーストラリア間の自由貿易協定(FTA)における連続的な関税削減と同様、今回の発効は輸出業者に速やかに利益をもたらすと共に、彼らの日本市場における競争的立場を大いに強化する。」

 

またロブ大臣は、本協定が完全に実施されれば、オーストラリアからの商品輸出の97パーセント以上において、優遇的なアクセスが保証されるか関税が撤廃されると述べています。

 

「日豪経済連携協定は農業や加工食品、資源、製造やサービス業を含め、広範な産業分野を通じて、わが国にとって世界第2位の貿易相手国との機会を拡大するものである。」

 

例えば昨年対日輸出額が14億豪ドルを記録した豪州産牛肉は、本協定により大きな恩恵を受けることになります。現在38.5パーセントの関税は15年間でおよそ半分程になり、削減幅は早い時期ほど大きくなります。(冷凍牛肉では)一年目に8パーセントの削減が実施されます。これによりオーストラリアの輸出業者は、高い競争力をもって日本市場に参加することができます。

 

ロブ大臣は、この協定の優位性について次のように述べています。「日豪経済連携協定は日本にとって、主要農業国と結んだ協定として、またこれまで締結した全ての協定の中で、最も高い目標を掲げた経済連携(自由貿易)協定である。日本はすでに世界第3位の対豪投資国であるが、この協定は、日本からオーストラリアへの民間海外投資の審査基準額引き上げにより、日本からの投資の伸びを支えるものでもある。」

 

在日オーストラリア・ニュージーランド商工会議所(ANZCCJ)会頭のメラニー・ブロックは、次のように歓迎の意を表しています。「日豪経済連携協定により、既に強い結びつきの日豪貿易関係がより強固なものとなることでしょう。ANZCCJは今後も引き続き、この経済協定が両国のビジネスコミュニティーにもたらす恩恵について、認識を高めていくつもりです。またこのたびは偶然にも、弊商工会議所の新年祝賀会の開催日が日豪経済連携協定が発効となる115日と重なりました。会員一同、豪日関係の記念すべき発展を祝うことをたのしみにしています。」

 

日豪経済連携協定は安倍首相がオーストラリアを訪問した際、201478日にキャンベラで署名が行われました。オーストラリア政府による詳細情報は下記リンクからご確認ください。

http://www.dfat.gov.au/fta/jaepa/

 

###

 

【在日オーストラリア・ニュージーランド商工会議所について】

在日オーストラリア・ニュージーランド商工会議所(ANZCCJ)はオーストラリア、ニュージーランドおよび日本の商業の発展を促進することを主な活動目的として1972年に設立された独立非営利組織です。現在の会員数は約600人で、日本で活動するオーストラリアとニュージーランド企業および同国と取引がある日本企業や個人などで構成されています。

 

オーストラリア・ニュージーランドと日本のビジネスにおいて建設的かつ有意義な役割を果たすため、ANZCCJではオーストラリア・ニュージーランドの政府関係者、産業界の有識者や政治家との会合、セミナー、ビジネスネットワーキングなどの定期的なイベントを開催し、こうしたイベントを通じて外交政策や経済情勢の動向や日本市場に関する情報を会員に伝え、新しいビジネスチャンスや人脈作りの機会を提供しております。また、オーストラリア・ニュージーランドのビジネスのポジティブな認識を日本や国際ビジネスコミュニティーに広めるための提言活動も行います。

 

【お問い合わせ】

在日オーストラリア・ニュージーランド商工会議所

事務局長 北岡美佐子(電話:03-6234-9351/メール:info@anzccj.jp

 


Copyright © ANZCCJ. All rights reserved

Powered by Wild Apricot Membership Software