• Home
  • News
  • プレスリリース: マルコム・ターンブル首相 が来日

プレスリリース: マルコム・ターンブル首相 が来日

16 Dec 2015 6:30 PM | Anonymous member (Administrator)

プレスリリース

マルコム・ターンブル首相 が来日


2015年12月16日

マルコム・ターンブル首相は12月18日、首相として初の北アジア訪問により東京を訪れる。

オーストラリアの日本との関係は、共通の価値観や世界・地域に関する見解の共有を土台とした、洗練された特別な戦略的パートナーシップである。

日本はオーストラリアにとり、往復貿易における世界第2の貿易相手国であり、主要な投資国である。両国の経済関係は広範囲に及び、ジョイントベンチャーや貿易・投資、教育・科学、スポーツ・文化、エネルギー・農業の分野を含む。

2015 年1月に発効した日豪経済連携協定(EPA)では一年目において、様々な商品輸出の増加が見られた。またオーストラリアと日本は、共に最近妥結した環太平 洋パートナーシップ(TPP)協定に参加している。この協定は地域全体に、経済成長と機会のための新しい時代を切り開くものである。

日本はイノベーターとして先頭を行く存在であり、首相の日本訪問は、イノベーションや起業家精神を奨励し、見返りを与えるような研究・ビジネス文化育成のための交流を強化する機会でもある。

ターンブル首相と安倍首相は二国間会談において、日豪関係のあらゆる側面について話し合う予定である。これには経済や貿易関係、安全保障・防衛協力、今季に南極海で捕鯨活動を再開するという日本の決定へのオーストラリアの懸念が含まれる。



Copyright © ANZCCJ. All rights reserved

Powered by Wild Apricot Membership Software